楽天モバイルってどうなの?回線速度や料金など評判まとめ

楽天モバイルの料金

楽天スマホのチェックすべき項目

楽天モバイルは、楽天市場の格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。その中でも月額1,250円で利用出来るサービスが話題を集めています。NTTドコモの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、ドコモと同じように対応エリアも広く、通話品質も同等です。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。という背景から、楽天モバイルの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、楽天モバイルのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomo回線の激安なスマホ

ドコモの回線を利用している楽天モバイル。気になる通話品質もドコモと同じなため、サービスエリアなどもドコモのそれと全く遜色なく、安心して使うことができます。現在ドコモのスマートフォンを使用しているのであれば、多くの機種ではそのまま利用し楽天モバイルで使用することができます。楽天モバイルと契約する際にスマホの機種を変更したい場合は、新たにセット販売されている端末を購入することもできます。既にドコモのスマホをお持ちの場合は、SIMカードのみ契約することでそのままお使いいただけますし、高価な端末購入代金を支払う必要がないのは嬉しいことですね。つまり、楽天モバイルは、信頼のあるドコモの回線をそのまま使って値段だけ安くできるお得なサービスということです。

格安スマホの機種が多い

現在、楽天モバイルの対応対象外のスマホを使用している場合には、スマートフォン自体を購入する必要があります。楽天モバイルのサイトを見ると販売されている端末は、とても種類が多く、他のMVNOとは比べものになりません。スマートフォンの他タブレットも利用できますが、こちらの品ぞろえも豊富で利用者の選択範囲がさら広がります。楽天モバイルのデメリットとしては、端末代金の割賦契約は楽天カードでしか対応しておりません。もし、楽天カードを持っていない時は、本体の代金は購入時の一括払いとなります。本体をセットで買うならば事前に楽天カードを作っておくのがお勧めです。ただ、楽天カードのことがあったとしても楽天モバイルの機種数の豊富さは数あるMVNOの中でも一番の魅力だといえるでしょう。

データ通信量の翌月繰越

データの容量は契約したプランによって変わってきますが、あまり利用しなかった月は、データ容量が余ってしまうことが考えられます。楽天モバイルならば、こうしたプラン分の残り容量があるときには、使い残した分の容量を次の月に引き継ぐことができます。MNVOによっては翌月繰り越しに内応していない場合も多く、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができる楽天モバイルは魅力的です。価格の安いサービスでも、毎月のデータ容量は無駄なく使いたいです。

通話料が半額になると話題の楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。このサービスはIP電話(インターネット電話)とは違ってプレフィックス型電話サービスといわれるもので、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。相手側にお知らせされる電話番号は、当然ながらいつも自分が使っている電話番号です。相手方にしてみれば、いつもどおりの電話と何ら変わらない訳です。IP電話のサービスは、その多くが非通知のみでの発信だったり、050の番号が相手に通知されたりするため、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、楽天でんわの先進性がご理解いただけると思います。楽天でんわで使用した通話料金においても、楽天ポイントとして貯めることができますので、とてもお得です!キャリアと同じような、カケ放題も開始となりました。

5分かけ放題オプション

大手携帯会社、AU、Softbank、docomoは、カケ放題がありますが、多くのMVNOは通話がかけ放題になるプランを提供していません。MVNOの格安スマホは魅力的だけど、比較的通話回数が多いから不安だなー。という方も安心。その新しいサービスの名称は「5分かけ放題オプション」というもので、月850円の負担額で、5分以内の国内通話であれば何回かけてもそれ以上はとられないという魅力的なサービスです。5分間何度でも通話料無料というオプションが使うのは電話回線なので、発信者番号通知も、楽天でんわや通常発信のように対応でき、通常の電話と何ら変わりなく、話し放題サービスが利用できるという魅力的な特徴です。ほかにも、通話し放題サービスを行っているNifMoでは、発信者番号通知に対応していない場合があるらしいです。楽天でんわだと1分で約22円になるので、1回5分以内の通話で月43分以上話す方は必須のオプションですね。

到着した月は無料

楽天モバイルでは格安スマートフォンやSIMを契約すると、ひと月目の使用料は不要となります。ちなみに、初回月とはSIMカードがお手元に届いたその日の月のことになります。SIMカードの到着する日次第では、1ヶ月間タダになる訳ですね。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。乗り換えのタイミングは慎重に!

楽天モバイル月額プランと解約

楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて見ていきましょう。毎月自分のスマートフォンにかかる費用と比べながら、どのくらい通信料金が安く済むかに着目してみてください。それでは、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの月額費用は、データ専用のSIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、従来の携帯電話として使用する場合には、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。通話SIMの料金プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、ベーシックプラン以外のプランならLTEの高速回線が使えます。このプランでは速さが262.5Mbpsとなります。最初にかかる費用は3240円だけで、それ以外には端末代のみでokです。

2年縛りは?

楽天モバイルの最低利用期間と違約金、これは事前に把握しておきましょう。データSIMであれば、最低でもこれだけ利用しなければならないという期間が設けられていません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。もし何らかの理由により1年に満たない間に契約を解除する場合は、違約金として9,800円の支払いが必要となります。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

楽天モバイルの回線スピード

楽天モバイルの通信回線は、0速度については、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルの強みとなりそうです。MVNOや格安スマホは今後更に利用しやすくなって、ユーザーの期待に応えてくれることでしょう。

楽天モバイルの通信制御

どのMVNOにおいても一緒ですが、どの利用者も平等に通信できるようにするため、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなりました。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、いままでは、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されていました。この3日制限がなくなったのは、大きな話題となりましたね。要するに、楽天モバイルには、直近3日の通信料を気にする必要は、ありません。

【まもなく締切】限定キャンペーン詳細