IIJmioの料金や速度をまとめてみた!格安スマホ徹底比較

IIJmioの料金

回線速度

いろいなMVNOの携帯プランの中でも、IIJmioは、docomoの4GLTE(262.5Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。通信するのにまだかまだかとイライラすることもなく、 実際にネットのレビューなどの評価をチェックしてみると、概ね、高評価を得ているなという実感を持ちます。安くてネット環境が整っているスマホが欲しいという方は、IIJmioがおすすめです。

IIJmioにおける帯域制限

みおふぉんは、低速通信の場合、直近の3日間のデータ通信量によっては速度規制がかかってしまうことがあります。高速通信を利用しているときは、3日制限の対象にはなりません。通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、規定容量を超過したユーザーに対して、200Kbpsという低速通信が実施される事です。この3日間規制は、設定された値を下回れば、契約者が何もしなくても制限はなくなります。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。

みおふぉん料金について

IIJmioを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。現在ご利用中の携帯電話の料金と比較して、どれだけ料金が安くできるか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。 IIJmioの料金プランを見てみましょう。

料金プラン

IIJmioの月額プランは、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、携帯電話やスマートフォンで今まで利用していた通話機能を利用する場合には、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。音声SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約手数料

IIJmioの解約制限と解約手数料に関して、解説していきます。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。その一方で、みおふぉんについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。もし、12か月経過する前に途中解約するとなると、解約手数料は9,000円かかりますので注意が必要です。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

IIJmio口コミ

IIJmioのメリットを挙げると、格安SIMの老舗である信頼性とサポートの充実度にあります。格安SIMアワード総合部門最優秀賞を受賞した実績からも、利用者の満足度が高いと考えることが出来ます。電話やオンラインでのサポートも充実しており、初めて格安スマホを使う方にとっても、安心して使うことのできる MVNOと言うことができます。

安定した速度とユーザーサポートが動画視聴にも

IIJmioの口コミや評判を調べていると、いつも安定している通信とサポートの丁寧さが評価を高めている要素のようです。格安SIMアワードでの総合満足度の結果で見られるように、最高の賞を受賞しています。このことから、IIJmioは安心してオススメできるMVNOであると言えると思います。そして、数多くのMVNOでも、このようなブランド力や信頼性を持っているMVNOはなかなかないと言えます。口コミなどでも高評価を得ているMVNOですので、格安スマホを使ってみたいと思っている人に、絶対後悔させないと言い切れる自信に任せてください。

IIJmioの特徴まとめ

株式会社インターネットイニシアティブが展開するのMVNOサービス「みおふぉん(格安SIMと格安スマホ)」についてご紹介します。インターネットイニシアティブという会社は、最近話題の格安SIMサービスを早いうちから提供していて、格安SIMサービスが始まった頃から利用している方であれば、ご存じの方も多いでしょう。llJmioの名前を知っている方が多いでしょう。ユーザーの間でも好評を得ているサービスで、格安SIMアワード2015においても顧客満足度調査総合部門で最優秀賞に輝いています。受賞した理由として、ブランドイメージ及びしっかりとした顧客サポートなどの点が評価されたからです。IIJmio等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。IIJmioをどこよりも分かりやすく解説しました。IIJmioで節約出来たスマホ代で、何を買いますか?

docomoエリア対応のお得なスマホ

格安SIMの古参企業として、おなじみの株式会社インターネットイニシアティブの格安スマホサービス「IIJmio」はNTTdocomoの回線を使ってサービスを提供しています。そのため安心の通話品質です。docomoと全く同じクオリティの通話が可能で、サービスエリアもNTT docomoと変わることはありませんので、使う場所を気にすることなく利用することができます。さらに、今までご使用のdocomoのスマホであれば、機種変更なしで、すぐに通信をお楽しみいただけます。もちろんIIJmioでもスマホ本体も販売しているのでSIMと本体、両方セットで購入することだってできます。ドコモのスマホを持っている人なら、SIMカードを契約するだけで利用を始められるので、端末本体の費用が抑えられるので乗り換えのハードルがぐっと下がることになります。IIJmioはdocomoの回線を使用していながら、利用料金を安く抑えることができる格安スマホ・格安SIMサービスなのですね。

バースト機能で、低速時がより快適に。

IIJmioの機能の一つとして、バースト機能といったものがあります。このバースト機能について解説していきます。バースト機能というのは、低速通信をしているときに最初の数秒間だけ高速で通信を行うことで、ページの表示をスムーズにするという機能のことです。そのため、低速通信でつないでいる時も、ウェブサイトの表示が速くなるため、読み込み時に遅れを感じてイライラさせられることが少なくなり、より快適にネットが使えるので、IIJmioイチオシの機能ですね。しかし、難点がありまして、このバースト機能は、IIJmioとDMMモバイルにしか備えられていないようです。

通信量の翌月繰越しに対応

データ通信の容量はご契約のプランごとに異なりますが、利用可能なデータ量を使用しきれない月もある場合があります。余った通信量をムダにしてしまうのはもったいないとお感じの方もIIJmioなら、翌月繰り越しに対応しているので、非常に便利です。データ量が残っても次の月に持ち越せない仕組みになっているMVNOもあるので、翌月への持ち越しに対応している点は、IIJmioを利用するメリットであるでしょう。翌月繰越で、月々のデータ通信量を無駄なく使えたら、一層お得ですよね。

家族利用に嬉しい、10人までシェアできてお得!

IIJmioのサービスの一つ、ファミリーシェアを利用する場合は、SIMカードが最大で10枚まで利用することが出来ます。家族が10人いるお宅ならこのllJmioに乗り換えることで、現在ご利用の携帯料金が、大きく変わってくるでしょう。携帯代とは言え、家族全員分と考えると、びっくるするほどの節約効果が出ることがわかると思います。家族全員分の携帯代のコストカットを考える良い機会となるでしょう。サポート対応が好評なIIJmioであれば、安心して格安スマホを利用することが出来るはずです。追加で、有害サイトや不正アプリにアクセスしないよう守ってくれる「みまもりパック」というサービスがあり、お子様用のキッズスマホとしても安心してご使用できます。

期間限定のキャンペーン