BIGLOBEをキャンペーンなどを利用してお得に使う方法

DMMモバイルの料金

BIGLOBE SIMの回線速度

BIGLOBE SIMは、ドコモの高速通信回線(375Mbps)を利用してるのです。通信速度については、dokomoの回線ということは、通信速度は問題ないですね。docomoと同じ回線を格安で使用できることは、BIGLOBE SIMのとても魅力的な部分ですね。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

BIGLOBE SIMの通信制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用者の平等な利用環境のために、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっていました。直近3日間のデータ通信の利用容量によってなされるもので、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっていましたが、2016年より直近3日間での通信制限が撤廃されたのです。要するに、BIGLOBE SIMのSIMでは、音楽や高画質写真をダウンロードしても、72時間制限の心配をする必要はありません。

BIGLOBEの格安SIMの月額プラン

BIGLOBE SIMをご検討中の方にご利用料金と初めにかかる費用についてご案内申し上げます。月々の携帯代と見比べながら、どちらの料金プランがお得なのかを考えながら見ていってください。ということで、月額プランを見てみましょう。

BIGLOBE SIM料金プラン

BIGLOBE LTEの料金プランは、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。音声通話機能付きのSIMだと、090や070、080の番号の普通の携帯電話の番号が使えるので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 データ通信用SIMではなく、音声通話SIMを選ぶように気をつけてください。音声通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データ専用SIMの料金は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、このプラン意外は、LTEの高速回線という262.5Mbpsの利用となります。初期費用として3,240円が必要になります。ただし、端末を購入する場合は別途端末代が必要になります。

BIGLOBE SIMの契約縛り

BIGLOBE SIMの解約制限と違約金について、解説していきます。データSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。しかし、音声通話SIMは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。そのため何らかの理由で、一年経っていないのに解約を申込みますと、8,000円の違約金がかかりますので、ご注意ください。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

BIGLOBE LTEとは?

BIGLOBE SIMとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。毎月900円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。またdocomo回線を利用しているため、通話可能エリアや品質がdocomoと同じだという安心感もあります。エンタメフリーと呼ばれるオプションサービスがBIGLOBE SIM特有のサービスとなっております。Google Play Music、AbemaTV、Spotify、radiko.jpといった動画や音楽のストリーミングサービスで通信料を全く消費せずに使えるというもの!さて、BIGLOBE SIMの魅力をぐっと凝縮しました。BIGLOBE SIMに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo回線の格安SIM

BIGLOBEでは、ドコモの回線を利用している「BIGLOBE LTE」を提供しています。気になる通話品質もドコモと同じなため、対応するエリアも幅広く、首都圏から離れた旅先などでも心置き無く使えます。ドコモのスマホなら、ほとんどの機種でBIGLOBE LTEでそのまま使えちゃいます。そのため、BIGLOBE LTEが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。現在、ドコモのスマホをお持ちであれば、BIGLOBE LTEのSIMカードだけの契約でもお使いになれますので、カンタン便利なだけでなく、新たに購入する必要もなくとてもお得です。BIGLOBE LTEは、安心のドコモ回線を利用できるお得な格安スマホなのです。

格安スマホの機種が多すぎて迷う

BIGLOBE LTEを利用するにあたって対応する端末をお持ちでない場合は、新たにスマートフォンを購入する必要があります。BIGLOBE LTEで購入可能な端末は、とても種類が多く、他のMVNOとは比べものになりません。スマートホンだけでなく、タブレットを使いたいと思っている人でも、種類が多く同じように選択肢が広がります。

データ通信量の翌月くりこし

プランごとにデータの通信料は異なりますが、どのプランを選んでいても、常に容量の限界まで使いきれるとは限らずに余ってしまうということもありうるでしょう。このような時、BIGLOBE LTEなら、余ったデータ容量を、翌月に持ち越すことができるのです。余ったデータ容量を繰り越せないMVNOがある中、これはBIGLOBE LTEの魅力の一つです。格安スマホなんだからしょうがないってあきらめないで、こうしたお得な繰り越しサービスがあるってところ、見逃せないですね。

電話代が半額なのに、番号通知できるBIGLOBEでんわ

電話代を半額にしたいならBIGLOBEでんわが良いです。IP電話とは異なり、プレフィックス型の通話サービスと言われており、電話を受けた側に発信番号がしっかりと通知されるのです。しかもこの番号通知には普段使っている携帯番号を使うことができます。つまり、電話を受けた側はあなたがいつもと同じように電話を掛けてきたようにしか見えません。これがIP電話になりますと、発信が非通知だけとか050の番号が通知されたりするものが多いので、使い勝手が良いとは言えませんが、逆にBIGLOBEでんわはそういった不便さはありません。

3分かけ放題

大手携帯電話会社のdocomo・au・SoftBankは、以前にはなかったどれだけ通話しても一定額の通話し放題プランを提供していますが、格安スマホが売りのMVNOは通話し放題プランにまで対応しきれていないのが現状です。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。月額650円で通話し放題のがBIGLOBE LTEから新たに登場しました。ただし、1回の通話が3分以内というものです。しかし回数制限はありません。IP電話と違い、電話回線を使った「3分かけ放題」は、BIGLOBEでんわと同じく、発信者の番号が通知できるので、普段の電話と何らかわりなく電話し放題になるのが一番の強みです。BIGLOBEでんわだと1分で約22円になるので、この新サービスは、毎日、2分程度のちょっとした連絡を毎日するという人には、たいへんお得なサービスです。

最大60分の無料通話付き!通話パック60とは?

BIGLOBE SIMでは、3分かけ放題というプランがあるのですが、それと同料金で、同料金で利用できる「通話パック60」というオプションがあります。こちらは1200円分の無料通話が月額650円で利用できるというものです。3分以内の通話でほとんどよいという人には、「3分かけ放題」がいちばん最適ではありますが、たまに長電話してしまうんだよな~という人であれば、こちらの通話パック60の方がお得です。自分の通話利用に適したオプションを選択して、うまく活用してください。

初月は無料は嬉しい

新規にBIGLOBE SIMで格安スマホや格安SIMの契約をすると、初回月の月額料金がなんとタダになります。なお、月額料金無料!の「始めの1ヶ月」とはSIMカードが届いたその日の月のことです。SIMカードが月の初めに到着すれば、無料期間が1カ月となることもありますね!しかし、今利用している携帯電話の解約手数料などの都合もありますので、1日になるまで我慢するってのも、どうでしょうね。解約時期は、慎重に!

【間もなく終了】キャンペーン

楽天モバイルってどうなの?回線速度や料金など評判まとめ

楽天モバイルの料金

楽天スマホのチェックすべき項目

楽天モバイルは、楽天市場の格安スマホサービスで、docomo回線を利用したMVNOの一つです。格安な上にキャリアから乗り換えると、さらに月々の支払いが安くなるのが魅力です。その中でも月額1,250円で利用出来るサービスが話題を集めています。NTTドコモの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、ドコモと同じように対応エリアも広く、通話品質も同等です。さらに、楽天モバイルを使用している間は、楽天市場で買い物をするとポイントが2倍になるキャンペーンも行なっているのでとてもお得です。という背景から、楽天モバイルの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、楽天モバイルのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomo回線の激安なスマホ

ドコモの回線を利用している楽天モバイル。気になる通話品質もドコモと同じなため、サービスエリアなどもドコモのそれと全く遜色なく、安心して使うことができます。現在ドコモのスマートフォンを使用しているのであれば、多くの機種ではそのまま利用し楽天モバイルで使用することができます。楽天モバイルと契約する際にスマホの機種を変更したい場合は、新たにセット販売されている端末を購入することもできます。既にドコモのスマホをお持ちの場合は、SIMカードのみ契約することでそのままお使いいただけますし、高価な端末購入代金を支払う必要がないのは嬉しいことですね。つまり、楽天モバイルは、信頼のあるドコモの回線をそのまま使って値段だけ安くできるお得なサービスということです。

格安スマホの機種が多い

現在、楽天モバイルの対応対象外のスマホを使用している場合には、スマートフォン自体を購入する必要があります。楽天モバイルのサイトを見ると販売されている端末は、とても種類が多く、他のMVNOとは比べものになりません。スマートフォンの他タブレットも利用できますが、こちらの品ぞろえも豊富で利用者の選択範囲がさら広がります。楽天モバイルのデメリットとしては、端末代金の割賦契約は楽天カードでしか対応しておりません。もし、楽天カードを持っていない時は、本体の代金は購入時の一括払いとなります。本体をセットで買うならば事前に楽天カードを作っておくのがお勧めです。ただ、楽天カードのことがあったとしても楽天モバイルの機種数の豊富さは数あるMVNOの中でも一番の魅力だといえるでしょう。

データ通信量の翌月繰越

データの容量は契約したプランによって変わってきますが、あまり利用しなかった月は、データ容量が余ってしまうことが考えられます。楽天モバイルならば、こうしたプラン分の残り容量があるときには、使い残した分の容量を次の月に引き継ぐことができます。MNVOによっては翌月繰り越しに内応していない場合も多く、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができる楽天モバイルは魅力的です。価格の安いサービスでも、毎月のデータ容量は無駄なく使いたいです。

通話料が半額になると話題の楽天でんわ

「楽天でんわ」とは、楽天グループ傘下の楽天モバイルが提供している、通話料が半額になるという非常にお得なサービスです。このサービスはIP電話(インターネット電話)とは違ってプレフィックス型電話サービスといわれるもので、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。相手側にお知らせされる電話番号は、当然ながらいつも自分が使っている電話番号です。相手方にしてみれば、いつもどおりの電話と何ら変わらない訳です。IP電話のサービスは、その多くが非通知のみでの発信だったり、050の番号が相手に通知されたりするため、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、楽天でんわの先進性がご理解いただけると思います。楽天でんわで使用した通話料金においても、楽天ポイントとして貯めることができますので、とてもお得です!キャリアと同じような、カケ放題も開始となりました。

5分かけ放題オプション

大手携帯会社、AU、Softbank、docomoは、カケ放題がありますが、多くのMVNOは通話がかけ放題になるプランを提供していません。MVNOの格安スマホは魅力的だけど、比較的通話回数が多いから不安だなー。という方も安心。その新しいサービスの名称は「5分かけ放題オプション」というもので、月850円の負担額で、5分以内の国内通話であれば何回かけてもそれ以上はとられないという魅力的なサービスです。5分間何度でも通話料無料というオプションが使うのは電話回線なので、発信者番号通知も、楽天でんわや通常発信のように対応でき、通常の電話と何ら変わりなく、話し放題サービスが利用できるという魅力的な特徴です。ほかにも、通話し放題サービスを行っているNifMoでは、発信者番号通知に対応していない場合があるらしいです。楽天でんわだと1分で約22円になるので、1回5分以内の通話で月43分以上話す方は必須のオプションですね。

到着した月は無料

楽天モバイルでは格安スマートフォンやSIMを契約すると、ひと月目の使用料は不要となります。ちなみに、初回月とはSIMカードがお手元に届いたその日の月のことになります。SIMカードの到着する日次第では、1ヶ月間タダになる訳ですね。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。乗り換えのタイミングは慎重に!

楽天モバイル月額プランと解約

楽天モバイルのそれぞれの料金およびプランについて見ていきましょう。毎月自分のスマートフォンにかかる費用と比べながら、どのくらい通信料金が安く済むかに着目してみてください。それでは、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの月額費用は、データ専用のSIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。070・080・090の電話番号が使いたい場合は音声通話付きSIMが必要で、従来の携帯電話として使用する場合には、音声通話付きSIMを選ぶ必要があります。データ専用SIMを選ばないようにくれぐれもご注意くださいね。通話SIMの料金プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円です。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、ベーシックプラン以外のプランならLTEの高速回線が使えます。このプランでは速さが262.5Mbpsとなります。最初にかかる費用は3240円だけで、それ以外には端末代のみでokです。

2年縛りは?

楽天モバイルの最低利用期間と違約金、これは事前に把握しておきましょう。データSIMであれば、最低でもこれだけ利用しなければならないという期間が設けられていません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。もし何らかの理由により1年に満たない間に契約を解除する場合は、違約金として9,800円の支払いが必要となります。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

楽天モバイルの回線スピード

楽天モバイルの通信回線は、0速度については、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。より安い使用料でドコモ回線を利用できる点は、楽天モバイルの強みとなりそうです。MVNOや格安スマホは今後更に利用しやすくなって、ユーザーの期待に応えてくれることでしょう。

楽天モバイルの通信制御

どのMVNOにおいても一緒ですが、どの利用者も平等に通信できるようにするため、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなりました。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、いままでは、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されていました。この3日制限がなくなったのは、大きな話題となりましたね。要するに、楽天モバイルには、直近3日の通信料を気にする必要は、ありません。

【まもなく締切】限定キャンペーン詳細

UQモバイルの通信速度や評判ってどうなの?格安スマホを調べてみた

UQモバイルの料金

UQモバイルの特色

UQモバイルは、AUの回線を借りてサービスの提供をしているため格安でスマホやSIMカードが利用できるようになっています。一般的な携帯電話会社からの乗り換えで契約すれば、毎月のスマホ代金もぐんと安くなることが想定されるサービスです。無料通話料つきで、なんと月々わずか1,980円で利用できるという格安SIMが大変話題になっています。AUの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、通話のクオリティや電波の範囲などはAUと同じです。しかもUQモバイルは、無料通話が付いたプランもあるので、魅力倍増です。UQモバイルがまだ分からない!という方の為に、UQモバイルの評判から速度まで、まとめてみました。節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

AU同エリアの格安スマホサービス

WimaxでおなじみのUQコミュニケーションズが提供している格安SIM、UQモバイルはAUの通信回線を使っています。AUと同じく信頼の高い通話品質ですので、大手キャリアに見劣りすることなく、広範囲で安心して使えます。AUのスマホを利用している方は、だいたいの場合その機種を変更することなく利用できます。また、端末はAUから買わなくてはならない訳ではなく、UQモバイルからSIMフリースマホセットで購入することもできます。既にAUのスマホをお持ちのかたならば、SIMカードの契約だけでUQモバイルが使えるようになりますので、新たにスマホ本体を購入する必要もありませんので、とてもお財布にやさしい乗り換えということになります。UQモバイルを一言でまとめると、AU回線を安い価格で使える格安スマホ・格安SIMということになります。

VoLTE(ボルテ)プランあり

UQモバイルで注目したいのが、VoLTE対応というところです。VoLTEは、今までの音声通話に比べて音質がかなりよくなっており、 新しく革新的な通話内容です。今までの音声通話で聴くことができる音は、300Hz~3.4kHzの間の音だけでした。しかし、VoLTEでは拾える周波数が50Hz~7kHzまでと、かなり広がったのです。今までと比べ、とてもクリアで聞き取りやすい通話が実現しました。VoLTEに対応したことにより、UQモバイルの魅力が更にアップしました。

翌月繰越しができる!

あとUQモバイルには、データ通信量の翌月への繰越もできるため月々で使用するモバイルデータ通信料が変化する方でも、不安にならず使用できるのも嬉しいですね。またUQモバイルには、ターボ機能というものがあり、データ通信速度を高速と低速で自由に切り替えて使うことができます。必要以上にデータ容量を消費せずに済むので、便利な機能ですね。

UQモバイルの通信速度

MVNOがいろいろとある中でUQモバイルは、速度が速く使い勝手が良いことで知られております。ここで格安SIMアワード2015の結果を見てみますと、通信速度部門において、UQモバイルはトップの栄冠に輝いています。MVNOを選ぶときに通信速度が速いものを選びたいのであれば、一番おすすめなのが、このUQモバイルなのです。MVNOと格安スマホの普及は将来どんどん進んでいく気配ですね。

UQモバイルの72時間制限

UQモバイルは、ユーザーが平等に使えるように、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。どのように算出するかというと、直近3日間に利用したデータ通信の量で計算され、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。直近3日間の利用量が、決められた値よりも下がれば、自動で解除されます。一般的な使用を前提とするならば、そうそうひっかかる制限ではないですね。各契約プランごとの規定容量は規定されていないようで、全プラン共通で直近3日で6GBが規定値に設定されています。

UQモバイル月額プラン

UQモバイルの料金設定、繋がりやすさのご説明です。今現在利用しているスマートフォンの利用料と比べながら、月々の利用額がどれくらい安くなるのか、手掛かりとしてください。それでは、早速、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

Uqmobileの料金プランと初期費用

UQモバイルの料金プランに関しては、データ専用のSIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、スマホとしてこれまでと同じように利用を継続したいのであれば、音声通話が出来るSIMにすれば、今までと違和感なく使うことが出来ます。音声通話SIMの料金は、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円です。

データ通信専用SIMの料金は、データ無制限プランで1,980円、データ高速3GBプランで980円となっています。

UQモバイルの違約金

UQモバイルの最低利用期間、契約する前に、把握しておいてください。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、データSIMです。解約する時期がいつでも、手数料が取れられないのは嬉しいサービスですね。音声通話SIMは、最低でも12か月はご利用していただかなければなりません。もし、12か月経過する前に途中解約するとなると、違約金として9,500円を支払わなければなりません。しかし、大手キャリアの場合は、最初の縛り期間が自動更新されますが、格安スマホの場合は自動更新とはならないという点で、13か月を過ぎれば違約金が発生することがなく、良いですね。

UQモバイル評判について

UQモバイルの長所とは、MVNOの中でも特に通信スピードが速いことです。ネットの口コミなどでも、速度に関しての書込みが多く、選択できる料金プランの種類や、他社に比べて月額料金の安さではかなわなかったりということはあるものの、広い視野で見ると、その格安SIMの素晴らしさに気づけます。通信品質を重視して格安スマホを選ぶなら、手堅い候補だと思います。

非常に満足度の高い高速通信

UQモバイルの一番の長所は、もちろん他より断然速い、高速通信が可能なことです。実際、私が複数契約しているMVNOの中でも、それらに比べるとUQモバイルの通信速度はいちばん早くて安定しているので、UQモバイルをメイン端末として使用しています。安定した高速通信を期待する人に、「どのMVNOが速いの?」と聞かれたら、UQモバイルをオススメするべきです。料金的なことを考えると、他社より少し割高な気もしますが、速度面でストレスを感じることないので、価格の差を不満に感じる事はないと思います。

締切間近のキャンペーン!!

格安スマホ使ってみた!Umobileの速度や料金って実際どうなの?

U-mobileの料金

Umobileの特色まとめ

格安スマホや格安SIMの提供を行っているMVNOの一つであるUmobileは、これは、U-NEXTという動画を配信している会社が運営している格安スマホや格安SIMです。株式会社U-NEXTは2015年に東証一部に上場しているので、他のMVNOに比べると上場企業という安心と信頼があり、ベンチャー企業ですが、一挙に人気MVNOの仲間入りを果たしています。人気の理由は他にもあり、MVNOには珍しくLTE回線を利用した高速通信を、使い放題に出来るプランがあります。思いきりLTEを楽しみたい皆様には、Umobileがオススメです。Umobileがまだ分からない!という方の為に、Umobileの詳細をまとめさせて頂きましたので、格安スマホで節約したお金で何買いますか?

docomoの基地局を使った格安SIM

U-NEXTの提供する格安スマホはdocomo回線を使用しているのです。docomoの回線を利用しているため、通話の品質は当然、docomoと同じですし、サービスエリアもdocomoと同じで広いため信頼抜群。「電波が悪いんじゃ…?」なんて心配いらずで使えます。docomoのスマホを利用している方は、だいたいの場合その機種を変更することなく利用できます。勿論、本体も必要となった場合にはUmobileからSIMカードとセットでの購入プランも用意されています。現時点でdocomoのスマートフォンをお使いの方であれば、SIMカードだけを契約すればUmobileが使えるようになりますから、高額な端末代を支払う必要がなくなるので費用が安くなってありがたいですね。そんなUmobileをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つdocomoと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

LTEが無制限!

LTE無制限というプランを、他者にはないプランをUmobileは掲げており、このプランは他社にはない魅力的なプランであり、他社はない人気プランがUmobileの人気を押し上げた要因となっています。LTE使い放題プランはお金をかけずに高速で無制限の通信を楽しみたい方にとって、通信制限を気にせず使える、有り難いプランですね。それとLTEは使い放題になります。それでも月額が3,000円以下と格安に設定されているのです。大手のキャリアのLET使い放題のプランよりも低価格に抑えられているので、U-mobileを利用すればさらに通信費用を節約することができます。特に毎月大量に使用するヘビーユーザにとっては頼もしい料金設定です。ネット配信で映画を観たりなど、動画視聴などが多いユーザーさんには絶対おススメのMVNOです。LTE使い放題プランについて詳しく知りたい方は、Umobileの公式サイトをご覧になってみてはいかがでしょう。

ネットで即日MNPが可能

Umobileのアピールポイントの1つとして、即日MNP対応可能ということがあげられます。Umobileの即日MNPはMNP届け出方式なので、インターネットだけで済む内容の手続きを実行すれば、MNPを、不通期間なしで実現することが可能となっています。今までの場合、即日MNPをするためには、指定された店舗まで行かなければなりませんでしたが、今では、どこからでもMNP転入が可能になりました。MNPの際の不通期間がネックで、毎月格安で使えるスマートフォンへの乗り換えに戸惑っていた方も、これで安心ですね。手続きは、SIMカードが到着したらマイページの回線切替ボタンをクリックするだけで非常に簡単です。誰でも簡単にできる手続き方法なので、格安スマホへの乗り換えが一層しやすくなっています。

Umobileの評判まとめ

Umobileの長所はどこかと聞かれたら、次世代高速通信LTEがいつでもいくらでも使えるようになっています。LTE回線を利用するのに、リミットが無く使い放題できるというのは、他を探してもなかなか見つからないプランです。他社から乗り換えてこのプランを利用すれば、月々のランニングコストを抑える事が出来るかもしれません。

音声SIMなら、毎月最大600ポイントバック!

映画、アニメ、TV番組などの動画コンテンツを配信している人気サイト「U-NEXT」で利用できる、U-NEXTポイントが月々、特典として付与されます。LTE使い放題2プランは、毎月400ポイントで、その他のプランは、毎月600ポイントの加算です。U-NEXTでは、1作品300円程度で配信されていますので、月に二本ぐらいは動画を無料で見ることができるということです。映画はもちろん、国内外のドラマなどの大人が楽しめるものから、アニメなどの子供向けのものまで、豊富なラインナップで大満足間違いなしです。一月あたり3000円に満たない契約で400?600ポイントも加算されるのは、特典としてかなり大盤振る舞いの部類に入るのではないでしょうか。

Umobileの回線スピード

Uモバイルは、数あるMVNOの中でも、262.5Mbpsのdocomo 4GLTE回線を使った格安スマホサービス。対応エリアが広く、回線の信頼性が高いので安心できるサービスです。

Umobileにおける72時間制限に関して

Umobileでは、全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、多くデータを使用した人の通信速度がコントロールされます。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、速度が制限されます。直近3日制限は、データ通信の使用量が規定の容量を下回れば、自動的に制限が解除されます。過度な使用をしなければ、通信制限にかかることはほとんどないと思います。ただ、Umobileの場合、速度制限の対象とする直近72時間の通信量を発表していません。

Umobile月額費用と解約

格安スマホで今話題のUmobileの料金や通信スピードなどについてちょっと説明させてください。現在の携帯電話料金と比べて、毎月の通信費用がどれだけ安くなるか、確認してみてください。どれだけ安くなるのか、料金プランの詳細を見てみましょう。

Umobileの料金プランと初期費用

Umobileの料金プランに関しては、データ専用のSIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。音声機能付きSIMを選択しないと070/080/090番号が使えないので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、音声通話用のSIMカードを選ぶ必要があるので、それを注意してください。音声SIMの料金プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データ通信専用SIMの月額費用は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

1年間の解約制限がつく、音声SIMの「LTE使い放題2プラン」は、「Umobile通話プラスLTE使い放題」というプランよりも月額料金が、250円安くなる、さらに価格に特化したサービスとなっています。

Umobileの契約縛りについて

ユーモバイルの解約縛りと違約金に関して、ご紹介していきます。データSIMであれば、最低でもこれだけ利用しなければならないという期間が設けられていません。契約したものの気に入らなかった場合など、いつでも違約金を支払うことなく解約することができます。音声通話SIMは、最低でも6か月はご利用していただかなければなりません。最低利用期間が経過する前に通話SIMを解約するのであれば、違約金として6,000円支払う必要があるので注意して下さい。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、7か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

LTE使い放題2プランの解約手数料について

U-mobileのいろいろあるプランの中で、LTE使い放題2プランだけには、特殊な、解約制限を設けています。ご利用開始月から6か月以内の解約には、9,500円の解約手数料が必要です。また、7ヶ月目~12ヶ月目に解約すると解約違約金として3,500円が請求されます。また、契約後、11か月以内に契約プランを変更する場合にも、手数料として3500円をお支払いただきます。以上のように、他のプランとは契約の内容が少し異なるという点をご理解お願い致します。しかし、違約金などが発生しますが月額料金がその他のプランよりも安く抑える事ができるので、必ず1年間は利用するという方にとっては、「LTE使い放題2」の方が、毎月の通信費を節約できます。

今月開催中のキャンペーンの詳細

mines(マイネオ)って実際どう?通信速度や料金などの評判をまとめてみた

mineoの料金

mineoのチェックすべき項目

mineoとはケイ・オプティコムが提供するMVNOで、docomoとAUの回線を利用して格安のSIM&スマホサービスを展開しています。au、docomo、Softbankから乗り換えると、スマートフォンの月額使用料を大幅に削減することができると期待できます。デュアルタイプ(データ通信+音声通話)の月額基本料金は1,310円からと料金の安さが話題となっています。国内で初めて、mineoはマルチキャリアMVNOとなり、docomo回線プランとAU回線プランを用意しているMVNOです。通信回線もdoomoとauと同じ品質で、格安でも品質は変りません。mineoへのMNPを検討している方の為に、mineoのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。mineoのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomoとdocomo・AU回線網を使ったMVNO

マルチキャリアMVNOとして、docomoとAUの回線プランが用意されています。MVNOですから、音声通話の品質もdocomo、AUと同じで、通話エリアもキャリアと同一です。今docomoやAUのスマホをお持ちでしたらそのまま使う事が出来る事も多く、新たに端末を購入する必要もありません。スマートフォンの買い替えしなくて済む事は、ユーザーにとってはかなりお得です。もちろん、mineoで販売されている格安スマホを買って使うこともできます。安定したキャリア回線を安い価格で利用できますし、docomoかAUか、自分でお好きな方の回線を選んで契約することができます。2つの回線は月額料金が若干異なりますので、それぞれ比較しつつ、検討してから契約すると良いかもしれません。

VoLTE対応プランがある!

今話題のVoLTE対応プランは、mineoが有名です。今までの通話の品質よりも、VoLETの方がさらに良質で、最新通話技術のことです。今までは、300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾えませんでした。しかしこのVoLTEは、音域が広がり、50Hz~7kHzまで広がりました。よって、従来品よりもかなり高音質な音声で通話が可能になった事に成ります。mineoだからこそ使えるこの新機能VoLTE。非常に大きなプラスポイントです。

データ繰越しもできる!

mineoの料金プランでは、データ通信料の残った分も翌月に繰り越せるため、月によってデータ使用量に変動があるユーザーも、安心して使えるのは、とてもポイントが高いです。

mineoスイッチアプリでデータ量を節約

また、mineoには画期的なmineoスイッチというものがあり、高速通信と低速通信のどちらかに切り替えることが可能です。この機能によりデータ消費量を抑えることができてとても便利です。電波状況等によっては、Wi-Fiとmineoスイッチを積極的に切り替える事により、より一層、低額でご利用いただくことも可能です。スマホの料金を安く使うには、嬉しいサービスとなっています。

mineoの回線速度

mineoの通信の速度はどうなっているのか、調査しました。docomo回線のDプランは、225MbpsのLTE回線であり、auですと、225MbpsのLTE回線です。ただし、スマートフォンなどをとりあげているメディアでも言われているように、大勢の人が使う時間帯では、auやドコモといったキャリア契約回線が圧倒的に通信速度は速いです。常時、安定して速い通信速度がほしいという方には、無難にキャリア契約をして利用するのがいいでしょう。月額の使用料金がかなりお得なので、混雑時に通信回線の速度が遅くなったとしても、格安スマホはかなりいいサービスだと思います。

mineo Aプランにおける帯域制限について

mineoは、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、決められた容量を超過したユーザーに対して、200Kbpsという低速通信が実施される事です。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。mineoでは、料金プランによる規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo Dプランでの72時間制限に関して

mineoのDプランの内容は、直近の3日間のデータ通信量に基づく速度の制限はありません。週末に動画を多く閲覧するなど日によって通信量が多くなることが予想される方は、AプランよりもDプランを選んだほうが、3日制限に掛かる事を気にしなくていいでしょう。そういうことも含め、どちらのプランが良いのか検討してみてください。

mineo月額費用と解約

mineoの月々の料金設定や速度について説明していきます。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、読んで頂ければと思います。さて、月額プランを見てみましょう。

mineoの料金・初期費用

mineoの料金プランは、格安なデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMと二種類の料金体系となっております。音声通話ができるSIMには、070・080・090から始まる番号が利用できるので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約縛り

MNP転出の手数料に関して、ご紹介していきます。mineoはMVNOの一つですが、2年縛りなどの契約期間の縛りがない為、解約しても解約手数料を取られる事はありません。利用者にとってはその分だけ気軽に始められる格安スマホとして、格安スマホ初心者には打ってつけのMVNOです。しかしながら1年以内にMNP転出をする場合については12,420円の転出手数料がかかります。通話SIMで契約する時は注意が必要です。

mineoの割引キャンペーン

IIJmioの料金や速度をまとめてみた!格安スマホ徹底比較

IIJmioの料金

回線速度

いろいなMVNOの携帯プランの中でも、IIJmioは、docomoの4GLTE(262.5Mbps)回線を使ったら格安スマホサービスです。ですので、対応エリアの広さや回線速度についての安心感は高いものがあります。通信するのにまだかまだかとイライラすることもなく、 実際にネットのレビューなどの評価をチェックしてみると、概ね、高評価を得ているなという実感を持ちます。安くてネット環境が整っているスマホが欲しいという方は、IIJmioがおすすめです。

IIJmioにおける帯域制限

みおふぉんは、低速通信の場合、直近の3日間のデータ通信量によっては速度規制がかかってしまうことがあります。高速通信を利用しているときは、3日制限の対象にはなりません。通信量の多いユーザーが回線を独占することのないよう、データの通信が多すぎるユーザーがいる場合は、そのユーザーは通信速度を制限する措置の対象になります。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、規定容量を超過したユーザーに対して、200Kbpsという低速通信が実施される事です。この3日間規制は、設定された値を下回れば、契約者が何もしなくても制限はなくなります。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。

みおふぉん料金について

IIJmioを利用する際の料金体系と通信スピードに関してご案内します。現在ご利用中の携帯電話の料金と比較して、どれだけ料金が安くできるか、読んでみて、あなたの考えをまとめる手がかりとして下さい。 IIJmioの料金プランを見てみましょう。

料金プラン

IIJmioの月額プランは、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、携帯電話やスマートフォンで今まで利用していた通話機能を利用する場合には、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。音声SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で900円、ライトスタートプラン(5GB)で1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB)で2,560円です。

IIJmioの解約手数料

IIJmioの解約制限と解約手数料に関して、解説していきます。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。その一方で、みおふぉんについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。もし、12か月経過する前に途中解約するとなると、解約手数料は9,000円かかりますので注意が必要です。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

IIJmio口コミ

IIJmioのメリットを挙げると、格安SIMの老舗である信頼性とサポートの充実度にあります。格安SIMアワード総合部門最優秀賞を受賞した実績からも、利用者の満足度が高いと考えることが出来ます。電話やオンラインでのサポートも充実しており、初めて格安スマホを使う方にとっても、安心して使うことのできる MVNOと言うことができます。

安定した速度とユーザーサポートが動画視聴にも

IIJmioの口コミや評判を調べていると、いつも安定している通信とサポートの丁寧さが評価を高めている要素のようです。格安SIMアワードでの総合満足度の結果で見られるように、最高の賞を受賞しています。このことから、IIJmioは安心してオススメできるMVNOであると言えると思います。そして、数多くのMVNOでも、このようなブランド力や信頼性を持っているMVNOはなかなかないと言えます。口コミなどでも高評価を得ているMVNOですので、格安スマホを使ってみたいと思っている人に、絶対後悔させないと言い切れる自信に任せてください。

IIJmioの特徴まとめ

株式会社インターネットイニシアティブが展開するのMVNOサービス「みおふぉん(格安SIMと格安スマホ)」についてご紹介します。インターネットイニシアティブという会社は、最近話題の格安SIMサービスを早いうちから提供していて、格安SIMサービスが始まった頃から利用している方であれば、ご存じの方も多いでしょう。llJmioの名前を知っている方が多いでしょう。ユーザーの間でも好評を得ているサービスで、格安SIMアワード2015においても顧客満足度調査総合部門で最優秀賞に輝いています。受賞した理由として、ブランドイメージ及びしっかりとした顧客サポートなどの点が評価されたからです。IIJmio等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。IIJmioをどこよりも分かりやすく解説しました。IIJmioで節約出来たスマホ代で、何を買いますか?

docomoエリア対応のお得なスマホ

格安SIMの古参企業として、おなじみの株式会社インターネットイニシアティブの格安スマホサービス「IIJmio」はNTTdocomoの回線を使ってサービスを提供しています。そのため安心の通話品質です。docomoと全く同じクオリティの通話が可能で、サービスエリアもNTT docomoと変わることはありませんので、使う場所を気にすることなく利用することができます。さらに、今までご使用のdocomoのスマホであれば、機種変更なしで、すぐに通信をお楽しみいただけます。もちろんIIJmioでもスマホ本体も販売しているのでSIMと本体、両方セットで購入することだってできます。ドコモのスマホを持っている人なら、SIMカードを契約するだけで利用を始められるので、端末本体の費用が抑えられるので乗り換えのハードルがぐっと下がることになります。IIJmioはdocomoの回線を使用していながら、利用料金を安く抑えることができる格安スマホ・格安SIMサービスなのですね。

バースト機能で、低速時がより快適に。

IIJmioの機能の一つとして、バースト機能といったものがあります。このバースト機能について解説していきます。バースト機能というのは、低速通信をしているときに最初の数秒間だけ高速で通信を行うことで、ページの表示をスムーズにするという機能のことです。そのため、低速通信でつないでいる時も、ウェブサイトの表示が速くなるため、読み込み時に遅れを感じてイライラさせられることが少なくなり、より快適にネットが使えるので、IIJmioイチオシの機能ですね。しかし、難点がありまして、このバースト機能は、IIJmioとDMMモバイルにしか備えられていないようです。

通信量の翌月繰越しに対応

データ通信の容量はご契約のプランごとに異なりますが、利用可能なデータ量を使用しきれない月もある場合があります。余った通信量をムダにしてしまうのはもったいないとお感じの方もIIJmioなら、翌月繰り越しに対応しているので、非常に便利です。データ量が残っても次の月に持ち越せない仕組みになっているMVNOもあるので、翌月への持ち越しに対応している点は、IIJmioを利用するメリットであるでしょう。翌月繰越で、月々のデータ通信量を無駄なく使えたら、一層お得ですよね。

家族利用に嬉しい、10人までシェアできてお得!

IIJmioのサービスの一つ、ファミリーシェアを利用する場合は、SIMカードが最大で10枚まで利用することが出来ます。家族が10人いるお宅ならこのllJmioに乗り換えることで、現在ご利用の携帯料金が、大きく変わってくるでしょう。携帯代とは言え、家族全員分と考えると、びっくるするほどの節約効果が出ることがわかると思います。家族全員分の携帯代のコストカットを考える良い機会となるでしょう。サポート対応が好評なIIJmioであれば、安心して格安スマホを利用することが出来るはずです。追加で、有害サイトや不正アプリにアクセスしないよう守ってくれる「みまもりパック」というサービスがあり、お子様用のキッズスマホとしても安心してご使用できます。

期間限定のキャンペーン

DMMモバイルの料金と速度の魅力とは!?

DMMモバイルの料金

DMMモバイルの評判

DMMモバイルのとりわけ目立つ長所は、安い料金で、安定した速さでインターネットができるということです。利用料金の安さと通信速度の速さの両方を満たしたいのであれば、DMMモバイルはまさに理想的なMVNOなのです。口コミやレビューサイト等で高く評価されている理由は、料金とインターネットの速度のようです。

通信速度が安定しているのがヘビーユーザーにも良し

DMMモバイルの人気の秘密を探ってみると、サクサクつながり、しかも安定しているというものが目立ちました。利用料業界最安値水準で高速通信が安定していると言うことで、現在、DMMモバイルの評価は高まっています。加えて、今ならDMMポイントの還元キャンペーンもありますので、料金の安さと速さを重視する人にとっては、まさにDMMモバイルの選択は一石二鳥の選択といえるのではないでしょうか。これから格安スマホへの乗り換えを考えている人には DMMモバイルで乗り換え!おススメです。

DMMモバイルの通信速度

色々なMVNOがあり、その中でもDMMmobileは、使用している格安スマホのサービス体系はdocomoの262.5MbpsのLTE回線である。注目すべきは回線速度の速さと、対応エリアの広さでそういった点で安心できるサービスということができます。通信速度も速い上に安定性が高いので、いろいろなサイトの口コミやレビューを読むと、中々良い評価を獲得しているようです。お値段が安くて、しかも実行速度も速い。そんな格安スマホをお探しの方には、DMMモバイルがおすすめです。

DMMモバイルでの速度制限

DMMモバイルの場合、低速通信を使っている時に限ってのことですが、直近3日間分のデータ使用量によっては速度制限がかかる場合があります。しかし、高速通信を利用していれば、3日間の速度制限の対象からは外れますので心配はありません。誰もが同じように使用できるよう、データ通信を利用しすぎたユーザーは通信速度がおそくなります。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、ある規定の容量をオーバーしてしまった利用者には、通信速度制限が行われます。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。通常利用している程度であれば、規定量を超えることはそれほどないと思います。

DMMモバイル月額料金と解約

DMMモバイルの料金プランや速度について、解説していきます。いまのスマホ代と比較しながら、通信費用をどの程度カットできるのか、比較しながら読んでいただきたいです。 月額プランの詳細を見てみましょう。

DMMモバイルの料金プランまとめ

DMMモバイルの料金は、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMでは、料金が違います。音声通話機能付きのSIMだと、090や070、080の番号の普通の携帯電話の番号が使えるので、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、音声通話SIMの選択が条件になるので、ここではデータ通信を選ばないようにしてください。音声SIMの料金は、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,380円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,910円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,680円、10GBプラン:2,890円、15GBプラン:3,980円、20GBプラン:4,680円:す。

データ通信専用SIMの料金は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円です。

最低利用期間

DMMモバイルの解約縛りと違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。一方通話SIMについては、最低12か月の利用が必要になってきます。どうしても解約するまでに12ヶ月も待てないという場合、違約金として9,000円の支払いが必要となります。キャリアと異なる事柄として、縛り期間が自動更新されないという点があり、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

DMMモバイルのチェックすべき項目

DMMモバイルは、MVNOの中でも人気があり、多くの方が利用している動画配信サイト「DMM.com」運営の低価格スマホサービスです。格安SIMも多く出回っている状況ですが。DMM.COMは各プランにおいて業界最安値を打ち出しています。一月あたりの料金の安さでとにかく選びたいなら、どこよりもおすすめできるMVNOです。通信速度も安定して速く、ネットも快適に利用する事ができるので、ユーザーからも評判のいいサービスです。という背景から、DMMモバイルの評判から速度まで、まとめてみました。DMMモバイルのメリット・デメリット踏まえ、ご紹介していきます。

docomoの基地局を利用したMVNO

DMMモバイルはdocomoと同じ回線を使用しています。なので、通信品質はdocomoと何ら変わりませんし、通話エリアについても全く同等につながるので、乗り換えについての心配は不要です。また、お使いのdocomoのスマホならそのままDMMモバイルで使用する事が出来ます。それだけではなく、DMMモバイルから販売されているSIMフリースマートフォンの購入でも利用することができるのでおすすめです。すでにdocomoのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約でDMMモバイルの利用を開始できますので、わざわざスマホを新調しなくてすむので、ユーザーにとっては助かります。ドコモの信頼度などはそのままで、広い範囲をカバーしている通話環境の理由からも安心です。しかもリーズナブルに利用できるという、とてもお得なサービスです

iPhoneも分割購入OK

DMMモバイルにはiphone機種が分割払いで購入できるという大変魅力的な要素があります。通常、MVNOでは、海外の安価なSIMEフリー端末しか対応しておらず、知名度やブランド力の高いiphoneなどのスマートフォンは扱っていません。そのような状況にありながら、DMMモバイルではiPhone6も取扱ラインナップに入っており、最新iPhoneをSIMフリーで分割購入したいのならば、DMMモバイルという選択肢はかなり魅力的です。スマホを格安で使いたいけれど、iPhoneも使いたいという方にとって、DMMモバイルがおすすめです。ただ、人気なだけにiPhoneは売り切れの場合が結構あるので、在庫があれば、早めに申し込んでください。

データ通信料の繰り越し

プランによって高速通信量は変わりますが、データ使用量が少なくて、余ってしまう月もあると思います。そんな時もおまかせなのがDMMモバイルでありまして、データ容量の繰り越しをすることが可能なのです。大手キャリアでは当たり前になっているこのサービスですが、格安SIMの中には繰り越しができないところもあるので、ユーザーに喜ばれるサービスをどしどし導入するDMMモバイルの魅力が、いっそう光ります。格安スマホなんだからしょうがないってあきらめないで、こうしたお得な繰り越しサービスがあるってところ、見逃せないですね。

即日MNPに対応!

DMMモバイルは即日MNPに対応しているので、電話が不通になるのは避けたい人にもお勧めです。MNP届け出方式という方式を、DMMモバイルは採用しているため、いたって簡単な手続きをするだけで、携帯が使えなくなる期間はなしでMNPができます。指定の店舗に来訪して即日MNPを行うのが一般的でしたが、今では、自宅や出張先等でも、手軽に即日MNPをすることができるようになっています。これまで携帯やスマホが使えない期間があるのが不安で、DMMmobileだとそのような不便なことはないので、安心して利用することができるサービスです。手続きは簡単で、SIMカード到着後にDMMモバイルマイページの回線切替ボタンを押すだけです。あっという間に完了しますので、不安なく格安スマホに乗り換えることができます。

10%還元!DMMポイントを毎月還元

DMMモバイル利用時のうれしい特典として契約期間中は、利用金額の10%がDMMポイントで還元されるという、お財布に嬉しいキャンペーンが開催されています。基本料金の他、SIM発行手数料や、オプション料金も含まれるため、よくDMM.comを利用する方にとっては見逃せないキャンペーンです。はっきりいって、DMMモバイルは月額料金自体も業界最安値を打ち出しているので、そこからさらに10%ポイントバックがつきますから、料金を気にしている方にも、お得なMVNOではないでしょうか。一度試しにDMMモバイルを検討してみることをオススメします。

話題のバースト機能│低速時もより快適な通信

DMMモバイルに採用されている通信技術にバースト転送というものがあります。バースト機能にはどのような効果があるのか、解説していきます。低速通信をしている時は、最初の数秒間のみ高速通信を行い、ページ読み込み時の速度を上げて、表示までの時間を改善する機能です。この機能を搭載してることにより、低速通信をするときのインターネット接続が速くなるので、ページが表示されるのをイライラしながら待つこともなく、ストレス無くインターネットをすることが可能になるので、DMMモバイルの強みでもあり、お勧めの機能です。しかし、バースト機能が使えるのは、DMMモバイルとllJmioだけです。

期間限定のキャンペーン