BIGLOBEをキャンペーンなどを利用してお得に使う方法

DMMモバイルの料金

BIGLOBE SIMの回線速度

BIGLOBE SIMは、ドコモの高速通信回線(375Mbps)を利用してるのです。通信速度については、dokomoの回線ということは、通信速度は問題ないですね。docomoと同じ回線を格安で使用できることは、BIGLOBE SIMのとても魅力的な部分ですね。今後のMVNOや格安スマホの伸びが益々期待できそうです。

BIGLOBE SIMの通信制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用者の平等な利用環境のために、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっていました。直近3日間のデータ通信の利用容量によってなされるもので、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっていましたが、2016年より直近3日間での通信制限が撤廃されたのです。要するに、BIGLOBE SIMのSIMでは、音楽や高画質写真をダウンロードしても、72時間制限の心配をする必要はありません。

BIGLOBEの格安SIMの月額プラン

BIGLOBE SIMをご検討中の方にご利用料金と初めにかかる費用についてご案内申し上げます。月々の携帯代と見比べながら、どちらの料金プランがお得なのかを考えながら見ていってください。ということで、月額プランを見てみましょう。

BIGLOBE SIM料金プラン

BIGLOBE LTEの料金プランは、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。音声通話機能付きのSIMだと、090や070、080の番号の普通の携帯電話の番号が使えるので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 データ通信用SIMではなく、音声通話SIMを選ぶように気をつけてください。音声通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データ専用SIMの料金は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、このプラン意外は、LTEの高速回線という262.5Mbpsの利用となります。初期費用として3,240円が必要になります。ただし、端末を購入する場合は別途端末代が必要になります。

BIGLOBE SIMの契約縛り

BIGLOBE SIMの解約制限と違約金について、解説していきます。データSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。しかし、音声通話SIMは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。そのため何らかの理由で、一年経っていないのに解約を申込みますと、8,000円の違約金がかかりますので、ご注意ください。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

BIGLOBE LTEとは?

BIGLOBE SIMとは、格安SIMや格安スマホを取り扱っているサービスでMVNOの一つです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。毎月900円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。またdocomo回線を利用しているため、通話可能エリアや品質がdocomoと同じだという安心感もあります。エンタメフリーと呼ばれるオプションサービスがBIGLOBE SIM特有のサービスとなっております。Google Play Music、AbemaTV、Spotify、radiko.jpといった動画や音楽のストリーミングサービスで通信料を全く消費せずに使えるというもの!さて、BIGLOBE SIMの魅力をぐっと凝縮しました。BIGLOBE SIMに関して、理解を深めて頂けるかと思います。

docomo回線の格安SIM

BIGLOBEでは、ドコモの回線を利用している「BIGLOBE LTE」を提供しています。気になる通話品質もドコモと同じなため、対応するエリアも幅広く、首都圏から離れた旅先などでも心置き無く使えます。ドコモのスマホなら、ほとんどの機種でBIGLOBE LTEでそのまま使えちゃいます。そのため、BIGLOBE LTEが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。現在、ドコモのスマホをお持ちであれば、BIGLOBE LTEのSIMカードだけの契約でもお使いになれますので、カンタン便利なだけでなく、新たに購入する必要もなくとてもお得です。BIGLOBE LTEは、安心のドコモ回線を利用できるお得な格安スマホなのです。

格安スマホの機種が多すぎて迷う

BIGLOBE LTEを利用するにあたって対応する端末をお持ちでない場合は、新たにスマートフォンを購入する必要があります。BIGLOBE LTEで購入可能な端末は、とても種類が多く、他のMVNOとは比べものになりません。スマートホンだけでなく、タブレットを使いたいと思っている人でも、種類が多く同じように選択肢が広がります。

データ通信量の翌月くりこし

プランごとにデータの通信料は異なりますが、どのプランを選んでいても、常に容量の限界まで使いきれるとは限らずに余ってしまうということもありうるでしょう。このような時、BIGLOBE LTEなら、余ったデータ容量を、翌月に持ち越すことができるのです。余ったデータ容量を繰り越せないMVNOがある中、これはBIGLOBE LTEの魅力の一つです。格安スマホなんだからしょうがないってあきらめないで、こうしたお得な繰り越しサービスがあるってところ、見逃せないですね。

電話代が半額なのに、番号通知できるBIGLOBEでんわ

電話代を半額にしたいならBIGLOBEでんわが良いです。IP電話とは異なり、プレフィックス型の通話サービスと言われており、電話を受けた側に発信番号がしっかりと通知されるのです。しかもこの番号通知には普段使っている携帯番号を使うことができます。つまり、電話を受けた側はあなたがいつもと同じように電話を掛けてきたようにしか見えません。これがIP電話になりますと、発信が非通知だけとか050の番号が通知されたりするものが多いので、使い勝手が良いとは言えませんが、逆にBIGLOBEでんわはそういった不便さはありません。

3分かけ放題

大手携帯電話会社のdocomo・au・SoftBankは、以前にはなかったどれだけ通話しても一定額の通話し放題プランを提供していますが、格安スマホが売りのMVNOは通話し放題プランにまで対応しきれていないのが現状です。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。月額650円で通話し放題のがBIGLOBE LTEから新たに登場しました。ただし、1回の通話が3分以内というものです。しかし回数制限はありません。IP電話と違い、電話回線を使った「3分かけ放題」は、BIGLOBEでんわと同じく、発信者の番号が通知できるので、普段の電話と何らかわりなく電話し放題になるのが一番の強みです。BIGLOBEでんわだと1分で約22円になるので、この新サービスは、毎日、2分程度のちょっとした連絡を毎日するという人には、たいへんお得なサービスです。

最大60分の無料通話付き!通話パック60とは?

BIGLOBE SIMでは、3分かけ放題というプランがあるのですが、それと同料金で、同料金で利用できる「通話パック60」というオプションがあります。こちらは1200円分の無料通話が月額650円で利用できるというものです。3分以内の通話でほとんどよいという人には、「3分かけ放題」がいちばん最適ではありますが、たまに長電話してしまうんだよな~という人であれば、こちらの通話パック60の方がお得です。自分の通話利用に適したオプションを選択して、うまく活用してください。

初月は無料は嬉しい

新規にBIGLOBE SIMで格安スマホや格安SIMの契約をすると、初回月の月額料金がなんとタダになります。なお、月額料金無料!の「始めの1ヶ月」とはSIMカードが届いたその日の月のことです。SIMカードが月の初めに到着すれば、無料期間が1カ月となることもありますね!しかし、今利用している携帯電話の解約手数料などの都合もありますので、1日になるまで我慢するってのも、どうでしょうね。解約時期は、慎重に!

【間もなく終了】キャンペーン