mines(マイネオ)って実際どう?通信速度や料金などの評判をまとめてみた

mineoの料金

mineoのチェックすべき項目

mineoとはケイ・オプティコムが提供するMVNOで、docomoとAUの回線を利用して格安のSIM&スマホサービスを展開しています。au、docomo、Softbankから乗り換えると、スマートフォンの月額使用料を大幅に削減することができると期待できます。デュアルタイプ(データ通信+音声通話)の月額基本料金は1,310円からと料金の安さが話題となっています。国内で初めて、mineoはマルチキャリアMVNOとなり、docomo回線プランとAU回線プランを用意しているMVNOです。通信回線もdoomoとauと同じ品質で、格安でも品質は変りません。mineoへのMNPを検討している方の為に、mineoのスピードや口コミをレビューしながら、ご紹介していきます。mineoのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomoとdocomo・AU回線網を使ったMVNO

マルチキャリアMVNOとして、docomoとAUの回線プランが用意されています。MVNOですから、音声通話の品質もdocomo、AUと同じで、通話エリアもキャリアと同一です。今docomoやAUのスマホをお持ちでしたらそのまま使う事が出来る事も多く、新たに端末を購入する必要もありません。スマートフォンの買い替えしなくて済む事は、ユーザーにとってはかなりお得です。もちろん、mineoで販売されている格安スマホを買って使うこともできます。安定したキャリア回線を安い価格で利用できますし、docomoかAUか、自分でお好きな方の回線を選んで契約することができます。2つの回線は月額料金が若干異なりますので、それぞれ比較しつつ、検討してから契約すると良いかもしれません。

VoLTE対応プランがある!

今話題のVoLTE対応プランは、mineoが有名です。今までの通話の品質よりも、VoLETの方がさらに良質で、最新通話技術のことです。今までは、300Hz~3.4kHzまでの周波数の音しか拾えませんでした。しかしこのVoLTEは、音域が広がり、50Hz~7kHzまで広がりました。よって、従来品よりもかなり高音質な音声で通話が可能になった事に成ります。mineoだからこそ使えるこの新機能VoLTE。非常に大きなプラスポイントです。

データ繰越しもできる!

mineoの料金プランでは、データ通信料の残った分も翌月に繰り越せるため、月によってデータ使用量に変動があるユーザーも、安心して使えるのは、とてもポイントが高いです。

mineoスイッチアプリでデータ量を節約

また、mineoには画期的なmineoスイッチというものがあり、高速通信と低速通信のどちらかに切り替えることが可能です。この機能によりデータ消費量を抑えることができてとても便利です。電波状況等によっては、Wi-Fiとmineoスイッチを積極的に切り替える事により、より一層、低額でご利用いただくことも可能です。スマホの料金を安く使うには、嬉しいサービスとなっています。

mineoの回線速度

mineoの通信の速度はどうなっているのか、調査しました。docomo回線のDプランは、225MbpsのLTE回線であり、auですと、225MbpsのLTE回線です。ただし、スマートフォンなどをとりあげているメディアでも言われているように、大勢の人が使う時間帯では、auやドコモといったキャリア契約回線が圧倒的に通信速度は速いです。常時、安定して速い通信速度がほしいという方には、無難にキャリア契約をして利用するのがいいでしょう。月額の使用料金がかなりお得なので、混雑時に通信回線の速度が遅くなったとしても、格安スマホはかなりいいサービスだと思います。

mineo Aプランにおける帯域制限について

mineoは、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、決められた容量を超過したユーザーに対して、200Kbpsという低速通信が実施される事です。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。mineoでは、料金プランによる規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo Dプランでの72時間制限に関して

mineoのDプランの内容は、直近の3日間のデータ通信量に基づく速度の制限はありません。週末に動画を多く閲覧するなど日によって通信量が多くなることが予想される方は、AプランよりもDプランを選んだほうが、3日制限に掛かる事を気にしなくていいでしょう。そういうことも含め、どちらのプランが良いのか検討してみてください。

mineo月額費用と解約

mineoの月々の料金設定や速度について説明していきます。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、読んで頂ければと思います。さて、月額プランを見てみましょう。

mineoの料金・初期費用

mineoの料金プランは、格安なデータ通信専用SIMと音声通話付きSIMと二種類の料金体系となっております。音声通話ができるSIMには、070・080・090から始まる番号が利用できるので、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。音声SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約縛り

MNP転出の手数料に関して、ご紹介していきます。mineoはMVNOの一つですが、2年縛りなどの契約期間の縛りがない為、解約しても解約手数料を取られる事はありません。利用者にとってはその分だけ気軽に始められる格安スマホとして、格安スマホ初心者には打ってつけのMVNOです。しかしながら1年以内にMNP転出をする場合については12,420円の転出手数料がかかります。通話SIMで契約する時は注意が必要です。

mineoの割引キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)